SPECIALIST EDUCATION SYSTEMスペシャリスト教育制度

介護職にとって重要な知識を身に着けられる 独自の研修プログラムを実施し、 将来的に法人を代表する総合力を持ったエース職員を輩出します。

施設や職種ごとの研修は常に開催されていますが、時には現場を離れて最新の知識を学ぶ必要があります。 参加する職員は最新の知識を学ぶことで、自身のレベルアップと共に、日常のケアにおける知識の意味合いを再確認する。参加者を輩出する施設は、新たなスペシャリストを得ることで、日々の業務の在り方を見直す。 継続したスペシャリストの育成は正しいケアの継続に欠かせないものです。
プログラム内容 感染症、リスク管理、予防への理解、コーチング など ※研修項目は常に検討、更新されています。
研修について 専門の講師を招いて法人内の複数施設が合同で開催。
様々な職種や経験の職員が一緒に研修を受けることで、 同種の施設や他分野の施設における取り組み事例を共有することも狙いとしています。