大関結希

地域の方々の相談に応えられたとき、すごくやりがいを感じます。

コーディネーター
大関結希2015年4月/入職

なぜ福祉を選んだのですか?

大関結希
私の両親や祖父母が福祉・介護関連の仕事に携わっていましたので、その影響もあり福祉は以前から興味がありました。

今の仕事内容と仕事のやりがいは何ですか?

大関結希
私はコーディネーターとして、ご利用者様が安全で楽しく快適に暮らせるよう事業の企画・運営をしています。地域の方々の相談などに応えられたと手ごたえを感じたとき、やっていてよかったなと感じます。

この法人に就職しようと思ったのはなぜですか?

大関結希
もともと「子ども」と「まちづくり」に興味があり、地域の小学校や子どもの遊び場でワークショップ等を行い子どもたちと関わっていました。しかし、地域に出向いていく中で、子どもだけではなく、その親や高齢者、障害者との関わりも増え、就職活動の時期には、視野を広げて、地域福祉(コミュニティづくり)に携わりたいと考えるようになりました。
その中で地域ケアプラザが地域福祉にとてもかかわりが深いことを知り、そこでの仕事を調べる中で横浜の地域と深くかかわるこの法人の事を知って就職を希望しました。

これから就職する方にアドバイスを!

大関結希
今は特に資格がなくても、人と関わることが好きだったり、誰かの為に働きたいという気持ちがあればチャンスはあると思います。
私の場合、就職活動で見学や面接のために多くの施設や企業へに行くことで、自分に合った職場を見つけることができました。
介護の仕事は、現場での見学や体験をしてみないとわからないことがたくさんあるので
できるだけ足を運んで自分の目で現場を見てもらいたいと思います。
STAFF INTERVIEW