横浜市立日野中央高等特別学校2019-05-24

5月23日(木)、横浜市立日野中央高等特別支援学校見学会に行って参りました。

この学校では、軽度な知的障害のある生徒を対象に、社会的自立を目的とした職業教育を行っており、

高等部のみの特別支援学校として、今年度は1~3年生の計187名が学んでいらっしゃるとのことです。

当日は、ハローワーク横浜の雇用指導官による障害者雇用セミナー、同校進路支援担当教諭による進路指導説明などを

お伺いしたほか、実際の作業学習授業の見学会があり、紙工課・縫工課・オフィスサービス課など全8課の作業や職業科授業の

様子を拝見いたしました。作業説明は、課毎に生徒達が一生懸命に自らの言葉でしてくれました。

各課はそれぞれが職場として位置付られており、ドアから一歩踏み入れれば、「そこは教室ではなく仕事場なんだ」という

意識の切り替えがなされているのが印象的でした。

また、どの生徒も挨拶・礼儀がしっかりしており、“ コミュニケーション能力の習得・向上に力を注いでいる ”という同校の

教育レベルの高さを感じました。

介護系の仕事にもぜひ興味を持って頂き、活躍して下さることを期待しております。

    

生徒による製造品例(紙工課)                同(縫工課)

一覧へ戻る

TOP